Menu

溶解することで対応する

PC操作

文書類は溶解対応

個人情報や企業等における機密文書などはその処理についてよく熟考した上で対応をする必要があります。この機密文書類については、処理が出来る専門の業者が多数存在します。ただしその規模ややり方はいろいろであるため事前によく確認した上で依頼をすることが大事です。個人情報や企業にとって隠しておきたい第三者に知られたくないような情報が記載されている機密文書は、その処理方法も慎重であることが必須です。こうした業者は通常の場合溶解処理を行います。紙の類いを全て特殊な機械と溶液で溶かしてしまうわけです。文書全てを溶かしてしまうため二度と見ることは出来ませんし、そもそも機密文書だったかどうかももはや分からなくなるやり方になります。この対応方法ではかつてはホッチキスの針や黒ひもなどは事前に取り除く必要がありました。しかしながら昨今ではこうした手間はまず必要がありません。溶解で全て溶かすことが可能になっているため一々黒ひもなどを取り除くような対応が必要なくなっているわけです。無論依頼先の事業所によってはこうした対応を求めてくる場合もあり得ます。最初の依頼時においてこうした対応が不要かどうかもよく確認をしておくことです。また通常はトラックなどに積んで処理を行う工場などへ運びます。運んでいる最中に機密文書が流出しては目も当てられません。そのため運送中の機密に関する取り決めやその運ぶやり方なども事前に確認をしておくことが求められます。