Menu

専門業者に依頼することも

システム

情報漏洩を防ぐには

会社内では個人情報などの機密文書を処理する必要もありますが、その場合には会社内にあるシュレッダーを使用することが一般的です。しかし、この社内でのシュレッダーでの処理には問題点もあります。一見社内だけで機密文書を処理した方が情報漏洩の危険性が無いように思われますが、実は情報漏洩が起きる危険性が高いのは社内での機密文書の取り扱い方に問題があるからだともされています。社員のちょっとした不注意で機密文書が流出してしまい、それが大きな問題に発展するケースが増えているのです。また、シュレッダーを使うためにはどうしても仕事の効率が悪くなってしまい業務に支障が出ることがあります。シュレッダーを使用する社員も必要となりますし、シュレッダーを使うためには書類からホチキスなども全て取り外す必要があります。こういった手間がかかることから業務全体に影響が出るということも十分に考えられます。このように社内で機密文書の処理を行う際には様々な問題点があります。そのため、最近では業者に依頼して機密文書の処理を行うことも多くなっています。業者が出張してきて依頼者の立ち会いのもと、專門の機械で裁断処理を行います。これには一度に大量の機密文書を短時間で処理出来るというメリットがあるため、オフィス移転などで大量の機密文書を処理しなければならなくなった時でも安心することが出来ます。また、大量に出る紙くずの処理も業者に依頼することでリサイクルすることも出来るため、環境のことを考えて業者に依頼するケースも増えています。